NEWS

テント設営の際の”かゆいところ”

イベントなどで初代テンゲルのユーザー様と一緒にテントを張っていると、

「いつもフライシートの前後の見分けが付かなくてもどかしいから、コツを教えて!」

と言われることが時々あります。

そんなときは、前室出入口上辺のロングキャノピー取り付け用ファスナーの両端あたりについている、半円形の黒いタブを探してみてください、とお伝えしています。つまり、それが見つかったほうが前方向です。

これにて解決、なわけなのですが、「テンゲルスタンダード」では、こういった”迷い”がユーザー様側で起こらないよう、工夫を凝らしてあります。

まず、2本あるポールはグレー(本体分)と黒(前室分)に色分けしました。グレーのポールはグレーのベルト、黒のポールは黒いベルトのグロメットやフックにセットしていってくださいね。

ただし、バックル付きベルト4対のうち、正面から見て右手前の一対だけは緑色にしてあります! これはフライシートの前後に迷わないための色分けです。緑色同士を探してバックルで留めると、そちらが前室側になります。スッキリ☆

設営に慣れていないビギナーさんはもちろん、例えばツーリングを楽しみすぎて設営が日暮れ時になってしまったときにも、サクッと見分けがついて手早く張れますように!

かゆいところに手が届く親切設計を、ぜひ体験してください!