NEWS

「テンゲルスタンダード」のインナーテント

昨日のブログで新旧テンゲルのツーショットをごらんいただきましたが、左手の「テンゲルスタンダード」の方がかなり大きく見えるのは、そちらのほうが手前に張られているからでして、インナーテントはほぼ共通の仕様になっています。

今日はそのインナーテントについて少しご紹介させてください。

テンゲルシリーズの特徴は”快適な広めの空間”。
初代テンゲルでは、着替えやちょっとしたストレッチも楽にできる余裕ある室内を目指して、インナーテントの高さをドーム型ツーリングテントとしては異例の140cmに設定しました。
対してテンゲルスタンダードの高さは130cm弱。新たに前室を設けたことにより改めて耐風テストと試作を重ねた結果、より安全性を高めるため10cmほど低くなりましたが、それでもツーリングでほどよく疲れた体を休めるには快適な高さとなっています。

インナーテントのそのほかの仕様は、床面積の奥行が10cm広くなった以外、初代テンゲルもテンゲルスタンダードも同じです。天井には便利なメッシュポケットと、紐を通すなどいろんな使い方ができるループが備わっています。

壁には小物を整理整頓できるメッシュポケットが左右3つずつ、合計6つ備わっていますので、「ついモノが散らかりがちで、メガネを踏んで壊してしまったこともある!」なんて方はきっと便利に感じていただけると思います。

といった感じのインナーテントですが、SNSのフォロワー様からほかにもいくつかお問い合わせをいただいていますので、こちらのブログでも追って回答させていただきたいと思います。